初正月 羽子板

羽子板

初正月を迎えた女の子は、祖父母や親戚、仲人、友人らが贈った羽子板を飾ってお祝いをする習わしがあります。

羽つきには、災いを「はね(羽根)のける」という意味があり、古くからお正月の厄落としに羽つきを行って、女の子の成長を祈願していました。

お正月の羽つきは、江戸時代から女の子の間で親しまれてきた遊びです。それに伝わる羽子板は、女の子の魔よけのお守りとされ、当時の大名や公家のあいだで女の子の正月のお祝いとして贈る習わしがありました。それが町人にも広まり、現代まで受け継がれています。

羽子板でつく羽根の、黒くて堅い玉は「むくろじ」という木の種でできています。漢字で「無患子」と書き、その字のあらわすとおり「子どもが患わない」という意味が込められています。

また羽根の形が病気を運んでくる蚊をたべてくれるトンボに似ていることから、昔は羽根をつくと夏になっても蚊にさされない、つまり子どもが病気にならないとも考えられています。

綿を布でくるんで立体的な絵柄にしたのが「押絵羽子板」。初正月のお祝いとして贈られることが多いこの押絵羽子板は、江戸時代後期ごろからつくられはじめ、歌舞伎役者などを描いたものが女性たちの人気を集めていました。

羽子板はいくつあってもよく、また、その子の誕生を祝い無事な成長を祈って一人ひとりに贈るものなので、長女に羽子板を贈ったなら、次女が誕生したときにも同じように贈ります。

贈る時期:
12月の御事始め(13日前後)ごろまでに
贈る品物:
羽子板、手まり

いつからいつまで飾る

地方により違いがありますが、羽子板は毎年12月中旬に飾り、お正月飾りを焼く左義長(さぎちょう・どんど焼きのこと)の行事が行なわれる1月15日頃にしまうのが一般的です。お正月の松飾りと同様、大晦日になって飾る一夜飾りは避けましょう。