初正月 破魔弓

破魔弓

初正月を迎えた男の子は、祖父母や親戚、仲人、友人らが贈った、破魔弓を飾ってお祝いをする習わしがあります。

その歴史は鎌倉時代とも江戸時代ともいわれ、武家に男の子が誕生すると、立派な武士になるよう祈願して、古くから破魔弓を飾る風習がありました。

昔は弓で射る的のことをハマといいましたが、それに破魔という字をあてた破魔弓には「魔を破る弓」という意味があり、子どもをあらゆる邪気から守るお守りとされています。

いつからいつまで飾る

地方により違いがありますが、破魔弓は毎年12月中旬に飾り、お正月飾りを焼く左義長(さぎちょう・どんど焼きのこと)の行事が行なわれる1月15日頃にしまうのが一般的です。お正月の松飾りと同様、大晦日になって飾る一夜飾りは避けましょう。

破魔弓は、魔よけの意味を込めて1年中飾っておいたほうがいいという地方もあります。また、五月人形の脇飾りとして飾ってもいいでしょう。

破魔弓はいくつあってもよく、また、その子の誕生を祝い無事な成長を祈って一人ひとりに贈るものなので、長男に破魔弓を贈ったなら、次男が誕生したときにも同じように贈ります。

初正月に贈る破魔弓は、弓と矢、うつぼ(弓を入れるもの)の一式がセットになったものが一般的です。新春に弓を射て遊んでいた時代もありましたが、縁起物の贈答品として定着したことで、装飾的な要素が加えられて、現在のような豪華で美しいものになりました。

お正月の遊びとして知られている凧あげですが、男の子の初正月に、凧をあげてお祝いする地方もあります。また学問の神様として親しまれている天神様をかたどった天神人形や天神の坐像、天神の掛け軸などを贈り、学業を祈願する風習もあります。

贈る時期:
12月の御事始め(13日前後)ごろまでに
贈る品物:
破魔弓天神人形天神掛け軸