女の子の初節句 ひな人形を飾る

ひな人形を飾る

伝統的なのは七段飾りのひな人形ですが、マンション住まいが増えている現在の住宅事情から、男女一対の親王飾りや、三段飾りなどを選ぶ家庭も。どこに飾るかをよく考えて選ぶようにしましょう。

ひな人形を飾る日

ひな人形を飾る時期にとくに決まりはありませんが、2月4日の立春を過ぎたころから桃の節句の1週間前ぐらいを目安に飾りましょう。二十四節気のひとつの雨水(うすい)の日(2月19日ごろ)に飾るといいともいわれています。桃の節句の前日に飾るのは「一夜飾り」といって、縁起が悪いとされています。

ひな人形をしまう日

ひな人形をしまう日は3月3日の翌日もしくはなるべく早く。早くしまわないと、嫁入りが遅れるという言い伝えもあります。ただし地方によっては、旧節句の4月3日に流し雛を行い、それが済んでからしまうところもあります。

初節句