女の子の初節句 ひな人形に供える

お供え物

ひな祭りにかかせない、ひし餅やあられ、白酒などは、春を思わせる彩のきれいなお供え物です。ひな人形にお供えしたあとは、おいしくいただき、ひな祭りを楽しんで。

ひし餅

ひし餅

増血効果のある蓬(よもぎ)を使った緑の餅、血圧低下の効果がある菱の実が入っている白い餅、解毒作用のあるクチナシで色をつけた赤い餅の3色を重ねたひし形の餅。

「新芽」をあらわす緑の餅、「残雪」をあらわす白い餅、「桃の花」をあらわす赤い餅、これら3色の餅を下から順に重ねて「雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている」という春の情景をあらわしています。

また、緑の餅には「健康や長寿」、白い餅には「清浄」、赤い餅には「魔除け」の意味が込められています。

菱形という形も「心臓」を表していると言われ、災厄を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

ひなあられ

ひなあられ

もち米を蒸して乾燥させ、炒ってつくるひなあられは、ひし餅から転じたものともいわれています。

白酒

白酒

中国では、桃は三千年も生きる神聖な仙木とされ、桃の花びらを刻んで入れた桃花酒を供えます。日本では、甘い白酒が供えられます。子ども向けのアルコール分のない白酒も売られています。