男の子の初節句 端午の節句の飾り

端午の節句の飾り

端午の節句には、内飾りと外飾りがあります。内飾りとは室内に飾る鎧兜や武者人形のことで、外飾りとは鯉のぼりや幟旗(のぼりばた)など屋外に飾るものです。

鎧や兜

鎌倉、室町時代から、鎧や兜は武士の身を守るものとして、男子にとって大切なものでした。その考えから、男の子の命を病気などから守り、身から災いをはらうお守りとして飾られるようになったといわれています。

鯉のぼり

生命力の強い鯉は、男の子の立身出世の象徴とされています。中国の黄河にある竜門と呼ばれる激流が連なる滝を多くの魚が登ろうと試み、鯉だけが登って竜になったという中国の故事に由来します。どんな困難があっても鯉のように立ち向かって成功をおさめるようにと願って鯉のぼりが飾られるようになりました。

端午の節句の飾りを飾る日

日本では古くから、季節を先取りするのを好み、飾り物は早めに飾るのをよしとする風潮があります。午の節句の飾りは、春のお彼岸が過ぎれば飾ってもいいとされているので、4月に入ってから飾る家庭が多いようです。

しまう日

端午の節句の飾りをしまう日は、ひな人形のように片づけを急ぐ風習はありませんが、5月中旬ぐらいまでの天気のいい乾燥した日にしまうといいでしょう。

初節句