小学校入学 入学式当日の服装

子どもの服装

入学式はあらたまった式典です。子どもたちは幼稚園や保育園を巣立ち、ちょっぴり大人になった気分でこの日を迎えます。可愛らしさだけではなく、改まった雰囲気のフォーマル服で入学式に出席し、お兄さん・お姉さん気分を大切にしてあげましょう。

男の子は、スーツやブレザーで、白いシャツににベストと半ズボンの組み合わせなどが一般的です。七五三のときのフォーマルを入学式に着るケースも。

女の子は、清楚感のあるワンピースかスーツ、あるいは白いブラウズに紺のジャンパースカートなどがよいでしょう。卒園式で着たフォーマルでも、リボンやネクタイを変えたり、上着をベストにしたりすれば違った印象に。

制服の場合は、大きめにできていることが多いので、袖丈や着丈など、事前に合わせておいてあげましょう。

保護者の服装

あくまでも子どもが主役の入学式。保護者が子どもよりも目立ってしまわないよう、服装は派手なものや華美なもの、香水などは控えましょう。

父親・祖父の服装は、ダーク系のスーツに明るい印象のネクタイをあわせて。普段のビジネススーツなら、アイロンをきかせパリッとさせて。

母親・祖母の服装は、パステルカラーなど明るい色のスーツが主流です。清楚で好印象な服装であれば、ワンピースにジャケットなど、着回しがきく服を選んでも。和服の場合は、訪問着や付け下げなどを。

広告
ベルメゾンネット