帯祝 安産祈願

神社で安産祈願

帯祝いに合わせて、産土神、鬼子母神、子安観音などの安産の神様に安産祈願のお参りをしましょう。おはらいをすませた岩田帯が用意してある神社や、持参した帯におはらいをしてくれる神社もあります。

戌の日や大安、休日、また安産祈願で有名な神社は混雑します。妊婦の体調をいちばんに考えて、日程や場所を選びましょう。

参拝のみ

神前まで行って、お賽銭を投げ入れ拝礼し、妊婦と赤ちゃんの無事を祈願して帰るだけでもOKです。

お祓いを受け、祝詞をあげてもらう

神社の社務所などで申し込み、お祓いを受け、祝詞をあげてもらうこともできます。この場合は、御初穂料などといわれる神社へのお礼が必要です。

お礼の時期:
安産祈願当日(申し込み時)
表書き:
御初穂料、御玉串料、御祈祷料
水引き:
紅白ちょう結び
金額の相場:
3000円~1万円