帯祝 お祝い/お返し

お祝いを贈る

身内で行うお祝いごとなので、親戚などごく親しい間柄や、お祝いの席に招かれた場合にお祝いを贈るのが一般的です。贈り物は、妊娠中や出産に必要なマタニティグッズなどの実用的なものが喜ばれます。

また、妊娠中や出産時は何かと物入りのことが多いので、現金やギフトカードでもよいでしょう。

ただ、不幸にして死産などのときもありますので、生まれてから使用するベビー用品を前もって贈るのは控えます。

なお、着帯の儀式で使用する岩田帯は、妊婦の実家で用意するのが一般的です。

贈る時期:
妊娠5か月目の戌の日までに
表書き:
御帯祝、帯掛御祝、御掛御祝、御祝
水引き:
紅白ちょう結び
金額の相場:
3000円~5000円
贈る品物:
マタニティグッズ胎教グッズ育児書など

お祝いのお返し

帯祝いのお祝いには出産へ向けての励ましの意味が込められています。まだ子どもが生まれていないわけですから、基本的にお返しは必要ありません。

ただし、礼儀として、お礼状を出したり、電話でお礼を伝えることは必要です。お祝いの席をもうけるときは、あらかじめ菓子折りなどを内祝いとして用意しておくのもいいでしょう。また、地方のしきたりなども確認しましょう。

広告
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
COCOMO