お食い初め お祝いの儀式

お祝いの儀式

まだ離乳していない赤ちゃんですから、実際にお赤飯は魚などが食べられるわけではありません。介添え役が料理を赤ちゃんの口もとにもっていくようにして、食べさせる真似をします。このときの介添え役は親族の中で最年長の方がおこないます。ご長寿にあやかろうというわけです。男の子は男性が、女の子は女性が、赤ちゃんに食べさせる真似をします。親子で行う場合は、あまりこだわらずにお父さんやお母さんが食べさせる真似をしてもかまいません。

料理の正式な食べ方は、飯、汁物、飯、魚、飯の順に3回食べさせる真似をします。このうちひと粒でも食べるとお祝いになるとのことから、ほんの少しだけ赤ちゃんの口に入れるようにするといいとされています。そのため、地方によってはお食い初めを「ひと粒舐め」と呼ぶところもあります。

次に歯がための儀式として、箸の先を歯がため石にふれ、それを赤ちゃんの歯茎にそっとつけます。これは石のようにじょうぶな歯がはえてくるように祈願するものです。

お食い初めは、あくまでも食べさせる真似をするだけの儀式です。無理強いはしないようにしましょう。

祝い膳

祝い膳の内容は、ご飯、尾頭つきの魚、お吸い物、煮物、そして香のもの一汁三菜になります。また地方によっては、本膳のほかに、紅白の餅を5個のせた二の膳を添えるところもあります。

赤飯:
ご飯はお祝いごとにはかかせないお赤飯に。でも季節によっては、栗ご飯などでもいいでしょう。
焼き魚:
鯛の尾頭つきの焼き魚。ホウボウ科の金頭(かながしら)という魚を使う地方もあります。魚は頭の部分が固くなるように焼くといいといわれています。
吸い物:
鯛や鯉の身が入ったお吸い物や蛤のお吸い物が基本。赤ちゃんが食べられるように、ベビー用のスープを使ってもいいでしょう。
煮物:
おめでたい昆布や、たけのこなど旬の煮物を。
歯がため石:
子どもの歯が石のように固く丈夫になるようにとの願いを込め、高つきやお膳の上に歯がための小石をのせるのも、お食い初めの祝い膳の特徴。歯がための小石は川原から丸い小石を拾ってきたり、お宮参りのときに氏神様からいただいてくるとされています。
その他:
しわができるまで長生きできるようにとの願いを込めて、梅干しを高つきに盛る習わしがあります。また戦国武将が戦の前に縁起物として食べた「勝ち栗」を添えることもあります。