お七夜 お祝い & お返し

お祝いの贈り物

お七夜の席に招待されたときのお祝いは、すでに出産祝いを贈っていれば、花束、ケーキ、お酒、果物、ちょっとしたおもちゃやベビー用品などの手土産を持参するとよいでしょう。

出産祝いをまだ贈っていなければ、このときに持参しても構いません。表書きを「御祝」としておけば、出産祝いとお七夜祝いの両方を兼ねる意味となります。

また、お祝い膳の費用を負担する程度の現金を「御酒肴料」と表書きして渡すのも喜ばれます。

贈る時期:
お七夜当日持参
表書き:
祝命名、祝御七夜、御酒肴料、御祝
水引き:
紅白ちょう結び
金額の相場:
5000円~1万円
贈る品物:
花束、お酒、ケーキ、おもちゃ、ベビー用品など

祖父母からのお七夜祝い

祖父母からのお七夜祝いは、品物などよりも、祝い膳などの宴席にかかる費用に見合った現金を包み「酒肴料」と表書きして贈るケースが増えています。

また、お七夜祝いを兼ねた出産祝いとして現金を包むことも少なくありません。母方の実家の場合、産着一式を母方の実家から贈るというならわしから、表書きを「肌着料」などとしてもよいでしょう。父方の場合は「おもちゃ料」などとします。もちろん、「御出産御祝」「祝御安産」などの表書きは、どのような場合でも使えます。

お祝いのお返し

お七夜のお返しは、祝い膳でのおもてなしがお返しとなりますので、とくに必要ありません。菓子折りなど手土産を用意する場合は、表書きを「命名内祝」として命名紙をつけることもあります。

広告
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
COCOMO