出産 産院へのお見舞い

産院へのお見舞い

出産直後のお見舞いは、家族やよほど親しい身内や友人以外は控えたほうがよいとされます。出産直後のお母さんは、体力的にも精神的にも疲労困憊ですので、産院を見舞う場合は、体調の回復具合を事前に尋ねた上で、退院間近に行きしましょう。

お見舞いに行くときは、お母さんの好きなお菓子や果物、花などをお見舞いの品として持参します。産婦のお見舞いですから、このときは出産のお祝いは持参せず、後日あらためてしましょう。産院へお祝いの品を持っていくと、いただいた方も退院時の荷物が多くなり大変です。お祝いの品は自宅へ送るほうが気が利いています。

お見舞いに行くときの注意

産院へびお見舞いは面会時間など病院の規則をきちんと守り、長居することは禁物です。風邪気味だったり、小さい子どもを連れていかなければならない場合は、お見舞いするのを控えます。もし子どもを連れて行った場合には、病室に入らないようにします。

赤ちゃんのお父さん以外の男性は、身内であっても産院へのお見舞いは控えるのがマナーです。お見舞いに行く場合は、入室せずに家族や付き添いの人にお見舞いの品を渡すか、ロビーなどで面会するようにしましょう。